脱毛と保湿ケア

脱毛後は保湿ケアをする

脱毛,保湿ケア,デリーモ

 

脱毛をすると肌はダメージが与えられていて、敏感な肌になっています。レーザー脱毛や光脱毛は毛根にダメージを与える方法で、乾燥している肌は熱による影響が大きいです。このため、熱によって火傷をする可能性があります。

 

毎日保湿のケアをする事により、乾燥肌から守る事が出来ます。特別なケアをしないくても良いですが、お風呂上がりにボディクリームや乳液を塗るだけで十分です。乾燥が酷い人は皮膚科で保湿クリームを処方してもらうようにして、きちんと保湿を行います。

 

乾燥肌であっても施術する事は出来ますが、火傷のリスクを軽減させるために脱毛器の出力を下げて照射をします。出力が弱いと、効果も半減してしまいます。契約回数では終わらずに、追加で施術を行なわないといけないくなる場合もあります。

 

潤いのある肌は通常の出力で施術が出来るので、契約回数で効果が出ます。保湿ケアを行っていると、肌トラブルを防ぐと同時に脱毛後の効果も上げられます。クリームを選ぶ時には、肌に優しいものを選びます。

 

使用感や香りで選ぶと、肌に刺激が強すぎる場合もあります。このため、合成化学物質が含まれていないものにします。香りのよいものには含まれている場合が多いので、植物由来の色素で香りを付けているもの使うのがお勧めです。

脱毛中に保湿クリームを塗る必要がある理由

脱毛,保湿ケア,デリーモ

 

脱毛したことのある方なら、皆さん言われた経験があると思います。それは「保湿をしてくださいね」という一言です。なぜ保湿をする必要があるのか。それには大きく二つの理由があります。

 

一つ目は、反応した毛の抜け落ちを促すためです。乾燥した肌というのはゴワゴワして硬い場合が多いのですが、それだとせっかく脱毛で反応した毛が抜け落ちずに毛穴の中に残ってしまうのです。脱毛直後の黒くポツポツした状態、あれがずっと続くわけです。特に膝の皮膚は乾燥で硬くなりやすいので、抜け落ちずに毛が残ってしまいやすい箇所になります。それだと見た目も良くありませんよね。

 

そして二つ目は、脱毛後の肌トラブルを防ぐためです。特に医療レーザー脱毛は出力が強いので、乾燥した肌ですとダイレクトにダメージが出やすいのです。ひりつき、かゆみ、ほてり、赤みなどは脱毛後にある通常反応なのですが、乾燥した肌というのは肌のバリア機能が弱く脆くなっている状態なので、これらが長く続きやすかったり悪化しやすいのです。また、乾燥以外にも、摩擦や体を温める(代謝が上がることで体温が上がる、ストーブやコタツで局所的に温めるなど)ことも原因になり得ます。症状が強く出てしまった場合には、炎症後の色素沈着になってしまうこともあります。そうなってくると、今度はそれが消えるまでにも数カ月から数年単位でかかってしまうのです。

 

なので、脱毛をされている皆さんには、脱毛の効果を最大限にするため、そして自分の肌を守るためにもしっかりと保湿クリームを塗ることをおすすめします。

脱毛した翌日に行ってはいけない事

脱毛,保湿ケア,デリーモ

 

脱毛した翌日に行っていはいけない事は、血行が良くなる行為です。脱毛後の肌には熱がこもっているので、冷やす必要があります。脱毛サロンやクリニックでも脱毛直後に脱毛部位を冷やしてくれますが、それでも熱がこもっている場合があります。

 

このため、お風呂に入ったり運動するのは血行が良くなりやすいので避けます。他にはマッサージを受けたり、エステを受けるのも血行を良くしてしまうので禁止されています。またお風呂には目に見えない雑菌が沢山いるため、炎症や化膿する原因にも繋がってしまいます。

 

細菌と言えばプールに入るのも控えた方が良いです。プールは大勢の人が入るので細菌がいる数が多くなります。脱毛する光を照射すると日焼けをしたのと同じ状況になり、火傷を起こしている状態です。その部位に日焼けをしてしまうと、ダメージが更に与えられて乾燥が進んで炎症や色素沈着を引き起こしてしまいます。

 

また、脱毛した後には予防接種を受けると、いつもよりも体調を崩しやすくなります。個人差はありますが、予防接種を受けると身体がだるくなったり微熱が出る人もいます。普段副作用が現れない人でも、脱毛後の肌は過敏になっているので避けるようにします。

 

保湿クリームは油分を含んでいて毛穴に詰まりやすいので、脱毛で広がった毛穴に入りやすいため塗ってはいけないです。

医療脱毛には保険証はいらない

脱毛,保湿ケア,デリーモ

 

医療脱毛では、クリニックで脱毛をするので保険が適用されると思う人が多いです。実際は適用されていなくて、持っていっても保険が利かないです。その理由としては、診察内容にあり保険診療と自由診療に分かれているためです。

 

普段病院に行く時には、具合が悪い時にかかります。この場合は、基本的には保険診療になります。保険診療とは、健康保険から医療費を負担してもらう事が出来るので実際に負担する金額が安くなります。現在では3割を負担すればよいので、1万円かかっても3千円で済みます。

 

しかし毎月保険料として負担していて、会社員なら給料から健康保険料が引かれていて国民健康保険の人なら毎月引き落としか振り込み用紙で支払っています。脱毛で保険が適用されないのは、脱毛が病気ではないからです。

 

もしも保険が使えてしまうと、毎月支払っている保険料が病気でない事に使用されてしまう事になります。そこで病気や怪我以外の事は、適用されないようになっているのです。自由診療とは、クリニックごとに料金を決める事が出来るのが特徴です。

 

保険診療の場合は点数が決まっていますが、自由診療の場合は同じ治療を行ってもクリニックによって異なるのです。しかしあまり高くならないように、儲けも考えて設定をしています。

デリーモ(deleMO)除毛スプレーの通販購入はこちら!トップページへムダ毛処理に煩わしさを感じている方や除毛はなるべく自分でしたいと思っている方は、トップページでデリーモ(deleMO)除毛スプレーの詳細をチェックしてみてください。