足のムダ毛処理の頻度や肌荒れを防ぐ方法

足のムダ毛処理の頻度や肌荒れを防ぐ方法とは

このページでは、足のムダ毛処理の頻度や肌荒れを防ぐ方法について詳しく説明しています。

 

足,ムダ毛処理,頻度,肌荒れ,方法

 

足のムダ毛処理の頻度や肌荒れを防ぐ方法を知りたい方は、参考にしていただけたら幸いです。

足のムダ毛処理を行う際のポイント

足,ムダ毛処理,頻度,肌荒れ,方法

 

女性なら誰でも足のムダ毛処理をした経験はあるでしょう。しかし、キレイな脚に向かって自己処理にトライしていると、その自己処理が原因で赤みやブツブツなどの肌荒れに遭遇してしまっている方も少なくないのではないでしょうか。

 

せっかくムダ毛をキレイにしても、その代わりに肌トラブルができてしまったら、結局足を出せなくなってしまいますよね。そこで、足の肌コンディションをキープしたままムダ毛処理を行うための、正しい方法を紹介してみます。

 

正しくムダ毛を処理するには

正しくムダ毛を処理するには、下記の2つに注意する必要があります。

 

肌への負担を少なくする

肌が荒れてしまうのは、肌に小さな傷をつけてしまっていることが原因なので、極力肌に負担をかけない方法で処理することが大切です。

 

冷却&保湿ケア

ムダ毛処理を行うと、少なからず肌にダメージを与えてしまうので、炎症を起こしてしまうことがあります。もし、肌が炎症を起こしてしまったら、すぐに冷やすことで赤みを抑えることはできます。

 

そして、冷却した後に保湿ケアを行うことにより、傷によりなくなった肌の保護膜を補うことができます。炎症が落ち着いた後、十分に保湿を行うことにより、傷の修復を早めることができます。

 

「ムダ毛処理→冷却→保湿」の順で必ずアフターケアを行うようにしましょう。

自宅で行える足のムダ毛処理方法のおすすめ

足,ムダ毛処理,頻度,肌荒れ,方法

 

ムダ毛処理方法を選択する際に一番重要なことは、肌へのダメージを最小限に抑えられる方法を選ぶことです。

 

足は毛穴が大きいので、ムダ毛が目につきやすい部位になります。そこで、ムダ毛を確実に除去でき、なおかつ肌へのダメージをなるべく抑えられる自宅で行えるムダ毛処理方法を紹介してみます。

 

家庭用脱毛器

 

足,ムダ毛処理,頻度,肌荒れ,方法

 

家庭用脱毛器を使えば、ムダ毛の本数そのものを減らす処理が可能です。

 

家庭用脱毛器の種類

家庭用脱毛器にはいろんな種類があるので、肌質やライフスタイル、費用などを考慮し、ご自分に合ったものを選ぶのがオススメです。そこで、家庭用脱毛器の種類について紹介してみます。

 

サーミコン(熱線)式家庭用脱毛器


サーミコン(熱線)式とは、熱線に接触したムダ毛を焼き切る脱毛方法になります。毛を焼き切る際、その熱が毛根まで伝わるので、毛周期を長くしてムダ毛処理を行う頻度を減らす効果も期待できます。ただし、この方法は毛根に直接働きかけるものではないので、除毛器として使う方が良いでしょう。

 

レーザー式家庭用脱毛器


レーザー脱毛とは、黒いメラニン色素に反応するレーザーを当てることにより、毛根やその周辺組織を熱破壊させて脱毛する脱毛方法になります。レーザー脱毛は出力が高いので、永久脱毛もできるとして医療行為とみなされています。

 

しかしながら、家庭用レーザー脱毛機なら出力が抑えられているので、医者でなくても使用することができますが、その分脱毛クリニックほどの効果は期待できません。照射パワーが弱い分、照射回数を多くしなければならないなど、手間がかかるケースもあります。

 

フラッシュ式家庭用脱毛器


フラッシュ脱毛(光脱毛、IPL脱毛とも呼ばれる)とは、レーザー脱毛と同様の原理で光を照射して脱毛する方法になります。レーザー脱毛よりも広範囲に照射できるのが特徴になりますが、その分出力が弱く、ムダ毛が薄くなるまでには時間がかかってしまいます。

 

ただ、出力が弱い分痛みも少なくて済むので、痛いのは嫌だというはレーザー式よりもフラッシュ式の方が良いかもしれません。

 

レーザー脱毛と光脱毛の違い

レーザー脱毛と光脱毛は、照射する波長に違いがあります。光脱毛は複数の波長の光で広範囲を照射することができるのに対し、レーザー脱毛は単一の波長で狭い範囲を集中的に照射します。

 

レーザー脱毛器は、狭い範囲に集中して照射するため威力が強く、脱毛専門の医師にしか扱うことができません。それに対して光脱毛器は、出力が制限されているので資格なしで誰でも安全に扱うことができます。なので、レーザー脱毛は脱毛クリニック、光脱毛は脱毛サロンで行われているのです。

 

また、レーザー脱毛は「永久脱毛」と言えるのに対し、光脱毛は半永久脱毛の意味の「不再生脱毛」としか言うことができません。

 

超音波脱毛器


超音波脱毛器とは、ピンセットに似た器具の先端にムダ毛を挟み、超音波をによる振動を与えることにより毛根を刺激する脱毛器になります。超音波脱毛器では、熱処理は行わないので、肌を刺激したり、痛みが出たりといった弊害が少ないのが特徴です。

 

ただ、毛が長いと超音波が毛根までうまく伝わらないことがあるので、5mmくらいまで伸ばした毛に対して行うのがオススメです。

 

アフターケアも忘れずに

どんな家庭用脱毛器を使ったとしても、少なからず毛根に負担がかかっているはずなので、お手入れの後には冷却と保湿のケアは忘れずに行うようにしましょう。保冷剤や冷えたタオルを用いて冷やし、ほてりが引いたらローションやボディクリームで保湿するのがおすすめです。

 

家庭用脱毛器により脱毛処理を行った日は、体に熱がこもると肌トラブルを引き起こす恐れがあるので、入浴や激しい運動、サウナ、こたつに長時間入るなどの行為は避けるのが無難です。

 

家庭用脱毛器によるムダ毛ケアは、お風呂に入った後の清潔な肌に対して行うのが良いでしょう。

 

継続利用しないと効果なし

家庭用脱毛器は、1回使っただけでは脱毛効果は薄いので、定期的な継続利用が必要になります。ベストな利用頻度は、各家庭用脱毛器の指示に従うようにしましょう。

 

反対に利用頻度が多すぎると、肌トラブルのを引き起こす可能性があるので注意が必要です。

 

シェービング

 

足,ムダ毛処理,頻度,肌荒れ,方法

 

シェービングを行う際に用いる道具は、剃刀よりも電気シェーバーの方がお勧めです。その理由は、電気シェーバーの方が肌への負担が少なくて済むからです。

 

シェービングを行う際は、逆剃りしないように脚の上部から下部に向かって毛の流れに沿って行いましょう。逆剃りを行ってしまうと、毛穴が拡がってしまうのでやめた方が良いです。

 

また、電気シェーバーは、肌に垂直に当てて使用することが前提に作られているので、肌に垂直に軽く押し当てて動かすときれいにムダ毛を除去できます。その際、強く肌に押し当ててしまうと、ムダ毛のみならず肌表面も削って肌荒れの原因になるので注意が必要です。

 

とにかく手軽

シェービングは、最もスピーディーかつ肌への負担も小さく済む方法と言えます。ムダ毛に気づいたときにすぐに処理ができますし、電気シェーバーならシェービングフォームなども必要ないのでとにかく手軽です。

 

電気シェーバーは家電量販店などで3,000円くらいで購入できますし、電池式のものなら場所を選ばずに使えます。それに替え刃も1,000円程度で数か月は使えますので、初期費用やランニングコストを考えても本当に安くて使いやすいです。

 

シェービング前後はスキンケアを忘れずに

シェービングは肌を清潔にし、保湿ケアをしてから行うようにしましょう。ムダ毛と肌を柔らかい状態にしておくと、電気シェーバーの刃がムダ毛や肌に引っかかるのを防ぐことができます。

 

乾燥した状態の肌にシェービングを行うと肌を傷つけやすいので、保湿は常に行うようにしましょう。

 

シェービングを行う頻度

シェービングを行う頻度は、2週間に1〜2回にしておくのが良いでしょう。

 

薄着になる季節は、ムダ毛処理の頻度は増えると思います。しかし、その頻度が多くなればなるほど肌へのダメージが蓄積されてしまうので、肌が弱って乾燥しやすくなるので注意が必要です。

デリーモ(deleMO)除毛スプレーの通販購入はこちら!トップページへムダ毛処理に煩わしさを感じている方や除毛はなるべく自分でしたいと思っている方は、トップページでデリーモ(deleMO)除毛スプレーの詳細をチェックしてみてください。