光脱毛と医療脱毛の違いとは

光脱毛、医療脱毛の違い

光脱毛,医療脱毛,デリーモ

 

光脱毛と医療脱毛の違いですが、まずエステサロンでは光脱毛、クリニックではレーザー脱毛となります。これらの違いはムダ毛を永久に無くすか、一時的に止めているかというところにあります。エステ脱毛では毛の作る組織を壊す事ができないので、脱毛期間中は無くなったように感じるが脱毛が終わるといずれ生えてきてしまいます。

 

時には毛質などが変わって細くなったりする事もありますが、完全に生えてこなくする事はできないと言われています。毛の作る組織を壊す事が医療行為となるからです。

 

医療脱毛は毛の作る組織を壊して生やさないようにすることです。なので毛の作る組織を壊す事が出来れば、その毛穴からは毛が生えてくる事はありません。しかし、組織を壊すという事はそれだけレーザーの出力も高くなります。

 

なので、火傷するリスクもあるので施術はナースが行いますし、ドクターも必要になります。万が一火傷してしまった場合は、直ぐに対応が必要になります。

 

部位や毛の太さなどによってレーザーを照射する回数はバラバラなので、何回やればなくなるのかはわかりません。実際に施術しても、全ての毛にレーザーが反応するわけではないからです。毛は成長期と呼ばれる時期にレーザーを当てる事により脱毛の効果が得られます。

 

そのほかの時期では、一度抜け落ちて脱毛の効果が得られたと感じやすいですが、また生えてきてしまいます。なので2〜3ヶ月間を空け、周期が変わった頃に次の脱毛を行い、毛を徐々になくしていくことになります。

痛い脱毛方法

光脱毛,医療脱毛,デリーモ

 

現在は、脱毛サロンでリーズナブルな価格で全身脱毛を受けることが出来る時代になりました。一般的に脱毛サロンではフラッシュ脱毛を行うことが多く、痛みもほとんど生じないということが多いです。部位によっては多少痛みを感じることもありますが、それでもほぼ痛みも感じることがなく、あっという間に施術が完了してしまいます。

 

痛みが抑えられている施術なので、効果は人それぞれです。1回の施術でムダ毛が全て抜けるわけではなく、毛周期に合わせて数回通わなければいけません。フラッシュ照射をしてもムダ毛が抜けるまでに多少時間がかかるということもあります。

 

フラッシュ脱毛が主流になる前は、ニードル脱毛という方法が主流でした。このニードル脱毛は即効性がある、というメリットがありましたが、施術の際に痛みが生じるというデメリットがありました。しかも、ムダ毛1本1本を電流を流したニードル(針)で脱毛をしていく方法だったので、時間もかかりました。

 

今では一部のエステサロンで施術を受けることができますが、痛みが軽減されているフラッシュ脱毛が主流になってきているので、ニードル脱毛は衰退してきています。痛いけど、ムダ毛がすぐになくなる施術方法になので、自然に抜けるのを待てないという人にはよい方法と言えるでしょう。

痛くない脱毛方法とは?

光脱毛,医療脱毛,デリーモ

 

今、多くの女性が脱毛をしていると思います。特に、薄着になる季節はムダ毛が気になりますよね。ですが、自己処理は大変だし、トラブルも起こりやすいです。そんなときはやはりプロに任せるのが一番です。最近では、脱毛サロンも大手から個人までたくさん増えてきました。

 

サロンを選ぶ時、金額やサロンの雰囲気なども重視しますが、痛くないのか?というのもかなり重要です。ワックスやレーザーなど、脱毛の方法はたくさんありますが、現在、光脱毛(フラッシュ脱毛)が主流になりつつあります。

 

光脱毛は、メラニン色素のみに反応する光を照射することで、毛根の発毛システムにダメージを与える脱毛方法です。なによりこの脱毛方法の最大のメリットは、痛みが少ないということです。比較的毛の薄い腕や足などは、ほぼ痛みはありません。

 

眠ってしまう人もいるくらいです。私も、初めてやってもらった時は、光を当てるだけで本当に脱毛出来るのかと疑問に思いました。ですが、今ではしばらく自己処理しなくても気にならないくらいです。毛の濃いところは、薄いところに比べると痛みが出やすいですが、輪ゴムでパチンと弾かれるくらいの痛みです。(個人差はあります。)

 

私は、ハイジニーナ(VIO)もやっていますが、思っていたよりも痛くなく、安心して施術してもらっています。脱毛を考えている方には、是非光脱毛がおすすめです。

デリーモ(deleMO)除毛スプレーの通販購入はこちら!トップページへムダ毛処理に煩わしさを感じている方や除毛はなるべく自分でしたいと思っている方は、トップページでデリーモ(deleMO)除毛スプレーの詳細をチェックしてみてください。